読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bussorenre Laboratory

bussorenre Laboratory

高速道路を降りるという選択。高速道路に乗せるという選択。

おはようございます、@bussorenreです。


結局休学は半年見送り。卒業要件を完全に満たしてから休学なんて技を使わずとも海外にいけるような環境を整えようと試み中…。


さておき。


私は高速道路を降りるという選択を取ろうと思います。具体的には一切自らプログラムを書かないという選択です。

私は人と比べて比較的非常に早い時期からプログラミング。ITに精通してきた自信があります。といっても、まだまだ精進が必要なのですけど。けれど、その分野に偏りすぎていて、他のことが全然できないといいうコンプレックスもあります。

この半年。どうせ大学に通わざるを得ないので(完全に私の中で大学は悪者)その期間中に、全く別のことや、今までやりたかったけどできなかった事をやろうと思います。


  • 体づくり(大学ジムを乱用)
  • 英語の勉強
  • 数学の勉強
  • 心理学の勉強
  • デザインの勉強
  • 一眼レフで本格カメラの練習
  • 京都巡り
  • お菓子・料理作り
  • 教育の研究
  • 車校


わお。することいっぱい\(^o^)/www

今立ち止まってしっかり車体を作らないと、社会人になってから高速道路で事故りかねないので、基礎作りというところでしょうか。




それと、後期、私の活動はすべて「プログラミング教室」です。活動を行う場所や団体こそ数多所属していますが、それらはすべてこれに通じています。

関西には、まだまだプログラミングを教えれるプログラムが出来る人がぜんぜんいない。大学の教授とか、現役のプログラマーはコードを書けることこそすれ、「教育する」という技術を持っていない。ここに着目して、私は後期はここに全力投球することになります。

Life is Tech の京都Winter の開催も決まりましたし。

もっかいプログラミング講座にも再チャレンジすることになりましたし。

さぁ、がんばろう!

私のミッションは京都にプログラマーを育てる土を耕すこと!