bussorenre Laboratory

bussorenre Laboratory

ゆめうつつ2 〜夢から醒めた夢〜

ゆめのなかを。





そう。




ずっとゆめのなかにいる。






悲しい夢も、楽しい夢も、全ては目覚めてしまえば、忘れてしまう




人生もそう。終わる時には、すべて、忘れてしまう。




そこには、何の感情もない。ただただ忘却だけが待っている。










私は、夢からさめてしまった。



18歳。


私の心の時計が、そう告げている。




怒ったり泣いたり、悲しんだり落ち込んだり、嬉しかったり楽しかったり、幸せだった。



でもそれは夢のなかの出来事で、何も残っていない。最初から何もなかった。




いや…、そうじゃない。


私はちゃんと、前には進んでいる。


前見た時、時計は16歳だったから。





2年取り返すのに3年もかかってしまった。



私の実時間2010年から2012年にかけての行動は、失った16歳から18歳までの時間を埋めるのに費やされた。



私はずっと、現実で夢の中を生きていた。



ようやく目が覚めた時、私は浦島太郎状態だ。



私は、失った19歳から21歳までの時間を埋めなければならない。