読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bussorenre Laboratory

bussorenre Laboratory

GitHub 学生垢申請してみた。

本題の前に。

こんにちは。@bussorenre です。最近東京で開発やってます。多分。新宿・渋谷・恵比寿・秋葉原のあたりをかなりウロウロしているんで、勉強会(特にアジャイル・テストコード系)とか飲み会とか誘っていただけると幸いです。

日記みたいなのはポートフォリオに投げましたが、こっちはほそぼそと技術ブログ続けます。なんせはてな、最高に書きやすいんです。技術記事が

本題:GitHubでPrivateリポジトリを使う。

皆様おなじみGithubで非公開リポジトリを使うには、普通は課金するのですが、(一番安いプランで、5リポ7ドル/month)、学生アカウントとして認められると、いくつかのリポジトリを非公開にできるようです。

ってことで申請してみた。 Contact Github のページから。

僕は学生なので、I'm student と選択します。どうやら、学校の先生とかも非公開リポジトリただで作れるぽいですね。

※余談ですが、アメリカってこういう教育機関優遇の文化があるんでしょうか。MSしかりAppleしかり。日本企業は教育=食い物って思っているところ多そうですが…どうなんでしょう。

で、名前と、メアドと、必要な理由を聞かれます。

f:id:bussorenre:20130206141149p:plain

Name

あなたのお名前。Ryo Matsumoto みたいな具合でおkですね。

Email

メールアドレスは、どうやらアカデミックドメイン(ac.jpとか、.eduとか、ed.jp とか、学校専用のドメイン)が必須らしいです。 なので、gmail.com とか?はダメぽい。

Body

どのような用途で使うのか。まぁ、多分英語で書くんだろう…日本語でも通るかもしれないけど試していないです。僕はなんか、適当に、卒業研究のプロジェクトで使いたいって書いた。英語は不得手なので晒すなんてことしない。

結果

三時間でレスポンスがありました!!まぁ、コピペするとこんな感じ。

Hey bussorenre, we have awesome news...

We've upgraded you to a student micro account, which will be free for the next two years. We don't have any collaboration limits, so any group projects you may encounter can be hosted via your account.

Spread the word -- we love giving free micro accounts to students! Send them to: https://github.com/edu

Have an Octotastic day!

ってことでアカウント設定確認したらこうなってた。

f:id:bussorenre:20130206144059p:plain

2年間5リポだけプライベート可能。十二分ですねー!やっぱgithub神やわw

結論:やっぱGithubいいよ!

似たようなサービスでbitbucket というのがある。これは、本当に優秀なサービスで、プライベートリポジトリも無料アカウントでできる神サービス。僕が経営者だったら間違いなく仕事で使うのは間違いなくこっちだろう。だってタダなんだから。毎月の固定コストというのは経営者にとって出来る限り減らしたい物だし。

でもあえてGithubを推す理由は、やはりエンジニア(特にオープンソースに強い人)にフォーカスされてるからかなーとおもいます。痒いところに手が届く。やっぱオープンソース的な価値観が僕はすごい好きです。この前、 githubの創業者二人が日本に来て講演するみたいな場所がありました。どんな内容だったかはイベント主催のOpenNetworkLabのページを見ればわかると思うのですが、非常に良かったんですよね。この人達の創るサービスの上でなら全然問題ないな。って。

あと、行き詰まった時とか、他の人のコードを知りたいと思った時に気軽にforkしてクローンして試せるという文化がいいなと思いました。特に僕は最近Linuxカーネルを読むのが趣味なので、RoRに飽きたら母国語のCに触れることができます。ヒャッハー

ということで、githubいいよ!